上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アークエンジェル、エターナルはレクイエムの中継ステーション“ステーションワン”を破壊すべく進撃する。
勝敗を決するのはスピード。歌姫の呼びかけが、全ての人々の耳に届く。
レクイエムは人が守らねばならないものでも、戦うために必要なものでもない。
我らはこれより無用な大量破壊兵器の排除を行うのだと。
なれば、「平和のためにその軍服を纏った誇りがその身にあるのなら道をあけなさい!」
Meteor07、及びMeteor08リフトオフ。戦場を翔る。今はただ、ステーションワンを破壊するために。

対峙するZAFT守備艦隊兵士達は、ラクス・クラインの声音に困惑する。
しかし、艦隊司令部はアークエンジェル、エターナルを、自らの古巣と利権を頑なに守り抜こうとするロゴス残党勢力と認定、戦闘の端緒が開かれる。
誰もが後の世の平和を願い、戦いのない理想の世界の具現化を信じ、戦争を終わらせるために、自らの命を漆黒の空間に散らせていく。
今は、そのために戦うしかないのだ、と。

デュランダル議長の下に招聘されたシン・アスカ、レイ・ザ・バレルらFAITH両名は、議長の願いを聞かされる。
アーモリーワンでのガンダム強奪に端を開いた今次大戦は状況が目まぐるしく変わり、些か戸惑っていることと思う。
しかし、そんな遣り切れないばかりのこの世界も間もなく終わる。いや、終わらせて欲しいのだ。君達の手で。
レイは言う。
今奴等に屈すれば、世界は再び憎しみの連鎖渦巻く混沌とした戦いの闇の中に逆戻りしてしまう。
嘆き悲しみながら皆が苦しむ世界は、再びロゴスを生む。
オレはもう、ようやく平和の手前まで来た世界をそんなものにしたくない。
だからこそ、Destiny Planは実行されなければならないのだ。

見ました。んで、非常に困惑してます。
オレ、レイの言っていることが、すごくよく分かります。
それと、シンの優しさね。
対する、キラアスラン、そしてイザークディアッカの呼応も、すごくよく分かるし。
悲しい戦争だよね。
誰もが「戦いを終わらせるために」戦っているのに、ちょっとしたボタンの掛け違えが、こんな悲しい戦いを導いてしまってる。

ただね、「勝ち負け」を口にし始めたラクスにはやっぱり違和感を感じます。
それと、ただひたすらに悪への道を突き進もうとしてる議長にも、ね。
ネオジェネシス?そんなもの撃つ必要ないじゃん。

つーか、内容難しすぎ。
なので、ちょっと時間をおいて、もう一回じっくりと見ますよ。
即感はそれから改めてアップします。
誰もが幸福に生きられる世界。二度と戦争の起こらない世界。
そんな世界を実現するための、人類の最後の選択。それこそが、Destiny Plan。
Destiny Planを採択することこそが、明日の人類の世界を作り上げるための行動。
そのPlanに賛同しない者。それは、人類の敵なのだ。
皆が幸福に暮らすための選択を拒否する者は、人類の敵として粛清せねばならない。
そんな、幸福に名を借りた恐怖政治が、デュランダル議長の手によって行われようとしている。

シンは、そんな世界を誰よりも強く、誰よりも望んだ者。
だからこそ、Destinyのパイロットに選ばれたのだ。
そう。議長の理想とする世界を具現化するための“同志”として。
しかし、急激な変化は必ず反発を生む。
人は、もう、本当に変わらなければならない。でなければ、人は救われない。
繰り返されてきた数々の悲劇を、もう二度と繰り返してはならないのだ。
レイは絞り出すように言うと、かつてラウ・ル・クルーゼが服用していたのと同じ薬を飲む。
それは、老化防止薬。
「実際、オレには未来があまり無い。テロメアが短いんだ。オレは、クローンだからな」
戦友の衝撃的な告白。
そして、シンとレイは議長の下に招聘される。

この期に及んで、特に必要が無いと思われるミーア視点の物語なんて、何考えてるんだ、アンタ達はっ!ヽ( `Д´)ノ
つーわけで、ミーアの持っていた謎のディスクの正体が明らかに。
・・・マジで日記かよorz
気を取り直しつつ、ダイジェスト。

ミーア・キャンベルという少女の思い、ラクス・クラインの代役という大役、そして、自らの言葉が世界を動かしているという錯覚。
そんな切ない思いが込められた、ミーアが存在していた証。
ラクスのように、自分の声もみんなに届きますように。
早く戦争が終わりますように。
いたいけな少女の思いが、ただ“声がラクスに似ている”というだけで利用されてしまった戦争の悲劇。
自分は、ラクス。ラクスは、自分。では、今世界に平和を呼びかけているのは、紛れもなく自分なのだと。
“ラクスが戻ってくるまで”代役を務めようとした彼女の心は、次第に“自分がラクス”であると錯覚を起こしてしまった。
そして。
本物のラクスの出現は、彼女に“利用価値のない人形”の烙印を押す。
そうして、一人の少女の命は、月面都市の劇場の露と消えた・・・。

ロゴスを討伐したデュランダル議長は、“最後の戦禍”であるレクイエムの悲劇を逆手にとり、『真に争いのない世界』のための最終手段を全世界に向け発表する。
Destiny Plan
有史以来人類が克服できない、人類にとっての最大の敵。
全ての答えは、皆が自身の中に持っている。それは、我々自身の無知と欲望。
それらこそが、人の争いの種であるのだ。それを克服することが、世界から戦争を無くすことに繋がるのだ。
他人を知り自身を知り、明日を知る。それこそが、悲劇を止める唯一の方法。
その実行を、今こそ。人が争いの悲しみを深く胸に刻んだ、今こそ・・・。

(9/4ミーアの死に関する記事を別記しました。→参照

月基地ダイダロス、及びレクイエムを制圧したZAFT軍。
レクイエムに付随する偏光ステーションは5機存在していた。
そのいずれもが月軌道に集められ、施設そのものの処遇は保留された。
大量破壊兵器は、今なお月軌道上に温存されている。
ロード・ジブリールは死にレクイエムも押さえた今、大西洋連邦には最早反撃の力も残ってはいまい。
月艦隊、ミネルバには休息を。これで終わったのだ。

本当に久々の休息に、艦内で泥のように眠るミネルバクルー達。
だが、シンとレイは、黙々と射撃訓練を続けている。
そんなシンを見て、ルナマリアは話そうとした言葉を飲み込む。
彼女に気付き後を追うシンに、ルナマリアは告げる。
アスランのこと、メイリンのことを話したかった。命令だったのだからシンは悪くない。気にしないで、と。

ご来場者様数

書き手

魔弾@月王丸

  • Author:魔弾@月王丸
  • ガンダム占い:グフ飛行試験型
    ガンダムSEED占い:バスター
    Zガンダム占い:ガーベラ・テトラ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
『模型サークル』バナーっす

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。