スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00 #04【戦う理由】即感

2008/10/27

『そうさ、ワシらは犯罪者だ。罰は受ける。戦争を無くしてからな』

ヴェーダからのリンクが解除されプランが提供されなくなった今、各々が、自分の戦う理由を自ら見つけていく。
ある者は未来のために、ある者は大切な人のために、またある者は信じることのために。
その根底には、戦争根絶、という至上命題を内包して。
イオリア・シュヘンベルグから太陽炉とガンダムを託されたマイスター達は、自らの考えで行動せざるを得ない。
連邦施設に収監されていた仲間を、そしてマリナ・イスマイールを救ったこと。
それは“私情”に沿った行動であると、掃討戦を得意とするアーバ・リント少佐に見抜かれ、待ち伏せをされるプトレマイオス。
GNドライブを搭載した最新鋭モビルアーマー“トリロバイト”の猛攻を受け、圧壊寸前にまで追い込まれるトレミー。
その危機を救ったのは、忌まわしき過去を背負いながら、もう一度世界と向き合おうと決意したスメラギの献策だった。
危機的状況から一気に優位に立ったソレスタルビーイングのガンダムの前に、新型のアヘッド2機が立ちはだかる。
ハレルヤが逝き脳量子波が使えないアレルヤをソーマ・ピーリスの猛攻から救ったのは、戦闘に介入してきたカタロンと、カティ・マネキン大佐の的確な状況判断であった。
刹那に連れられカタロンのメンバーと接触したマリナは、その中に、かつての“理解者”であるシーリン・バフティヤールを見た。
一方、アロウズの新型モビルスーツ開発主任には、ビリー・カタギリが就任。
その心中には、スメラギ・李・ノリエガ、いやクジョーへの怨嗟の炎が渦巻いていた。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第4話「戦う理由」

 ダブルオーガンダムが起動し、アロウズの追撃部隊を退けたソレスタルビーイング。しかしロックオンはモビルスーツに乗った経験が無く、スメラギは未だに戦術予報士に戻る事を拒否していた。そんな時アレルヤが、連邦軍の反政府勢力収監施設に拘束されている情報が、王留...

コメントの投稿

非公開コメント

ご来場者様数

書き手

魔弾@月王丸

  • Author:魔弾@月王丸
  • ガンダム占い:グフ飛行試験型
    ガンダムSEED占い:バスター
    Zガンダム占い:ガーベラ・テトラ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
『模型サークル』バナーっす

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。