スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-49『レイ』即感【正式版】

2005/09/25

アークエンジェル、エターナルはレクイエムの中継ステーション“ステーションワン”を破壊すべく進撃する。
勝敗を決するのはスピード。歌姫の呼びかけが、全ての人々の耳に届く。
レクイエムは人が守らねばならないものでも、戦うために必要なものでもない。
我らはこれより無用な大量破壊兵器の排除を行うのだと。
なれば、「平和のためにその軍服を纏った誇りがその身にあるのなら道をあけなさい!」
Meteor07、及びMeteor08リフトオフ。戦場を翔る。今はただ、ステーションワンを破壊するために。

対峙するZAFT守備艦隊兵士達は、ラクス・クラインの声音に困惑する。
しかし、艦隊司令部はアークエンジェル、エターナルを、自らの古巣と利権を頑なに守り抜こうとするロゴス残党勢力と認定、戦闘の端緒が開かれる。
誰もが後の世の平和を願い、戦いのない理想の世界の具現化を信じ、戦争を終わらせるために、自らの命を漆黒の空間に散らせていく。
今は、そのために戦うしかないのだ、と。

デュランダル議長の下に招聘されたシン・アスカ、レイ・ザ・バレルらFAITH両名は、議長の願いを聞かされる。
アーモリーワンでのガンダム強奪に端を開いた今次大戦は状況が目まぐるしく変わり、些か戸惑っていることと思う。
しかし、そんな遣り切れないばかりのこの世界も間もなく終わる。いや、終わらせて欲しいのだ。君達の手で。
レイは言う。
今奴等に屈すれば、世界は再び憎しみの連鎖渦巻く混沌とした戦いの闇の中に逆戻りしてしまう。
嘆き悲しみながら皆が苦しむ世界は、再びロゴスを生む。
オレはもう、ようやく平和の手前まで来た世界をそんなものにしたくない。
だからこそ、Destiny Planは実行されなければならないのだ。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY #49 「ムウ」

ついに種デスも残すところあと2話となりますた正直次回で多くの人が納得出来るような終わり方をするとは到底思えませんwぐだぐだ進めてきて最後の最後になって一気に詰め仕込みすぎなんだよだいたいさぁ、まゆで~す、とか聞き飽きたぞw主人公のシンなんかEDテ....

機動戦士 ガンダムSEED DESTINY 第49話「レイ」

ムウさん死ななく てよかったー(泣) 初っ端から失礼しました。うう、でもホントよかったよ(泣)ミネルバがAAに向けて発射した時の雰囲気でぜっっっったいアカツキが助けにくるだろうと思ったもん。そしたらやっぱり来たんだけど、一瞬マジ危ないかと思った....

今週のガンダムSEED DESTINY第49話

第49話「レイ」いよいよクライマックス、どうやらレイはクルーゼと同じく「最高のコーディネーターのキラ・ヤマト」を作り出す為に作られたクローンだったようです。コーディネーターを生み出すのにクローン???この辺のところがよく解らんのだが、他のブログの....

種デス PHASE-49 レイ

前回とはうって変わってアバンからいきなり話が展開していていい感じ。使い回しは相変わらずか・・・とりあえず完成。

ガンダムSEED Destiny 第49話 レイ

さすがに尺がないのか、アバンタイトルも新規カットが多いですね。 けど、展開のあま

ムウ・ラ・フラガ復活!~SEED-D49話感想

ミネルバのタンホイザーがアークエンジェルに向けて発射される。迫りくるタンホイザー。息を呑むマリュー。。。まさか、この期に及んで前作の使いまわし!?

ガンダムSEED DESTINY第49話「レイ」

主人公のはずのシンちゃんがキャスト3番目になっちまいました。もう終わりです。女帝ラクス様はいよいよ電波がゆんゆん出て困ります。戦いを止めろと言いながら自分は駒どもを使って瞬殺…はぁぁぁ。キャラ作監は米山氏。レイたんが可愛いよ。戦闘メインなのでもったい....

SEED DESTINY 49話

最近、テロメアが少ない全国のSEED-Dファンの皆様さっそくオーブとしての感想を守り抜きます。

「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第49話

第49話「レイ」一次中継ステーションに向かうアークエンジェル&エターナル。これを迎え撃つ、レジェンド&デスティニー…かと思ったら、こいつらメサイアに行くんでした。はい、

ガンダムSEED DESTINY感想:phase49[レイ]

ついに49話になりましたね。密度の濃かった30分かな では下の ◆全文を読む、 からどうぞ。(只今プチネット落ちから一時復帰しました・・色々お返事滞って手スミマセン

PHASE49 レイ

ハイサイ!(^_^)!今回はMS戦がありましたよ(>_<)gもう、戦闘があれば自分的にはイイですから~~!ということで、感想やらなんやら書いていくようにしますか~・前フリ使い回しからスタートせずいきなり戦闘からスタートしましたね!さすがに、あと二話ということで

SEED DESTINY PHASE 49 レイ

ミーティアで大量虐殺の図、なんかアスランに残虐的なR-15風味撃墜シーンが集中していた気がするのですが?アスラン大活躍とか言いつつ、普通に軽くキラ贔屓ですか? そうですか(´・ω・`)まぁどうでもいいことですが・・・ミーティアTueeeeee!ってのは多分他のブログさん

レイ

遂に「シン・アスカ  鈴村健一」がキラアスに続いての3番目。折角48話まで総集編以外は1番最初に出してきたのに、何故に今ここで??真の主人公はやっぱキラ様でしょ方向へシフトなの??信じらんねー!!最低だ・・・。

種運命第49話

グゥレイトラックバック失礼します。ディアッカとイザークの出番の多さに狂喜乱舞しながら、第49話『レイ』の感想に入ります。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-49 レイ

工エエェェ(´д`)ェェエエ工工から今日は書きはじめてみたり…今日はネタ書きます。

9/24ガンダムSEED DESTINY第49話「レイ」 画像付き感想 ギャグ有り

サブタイトルは「レイ」ですが、俺は「ラウ」にするべきだと思っていたりする。カガリの出番はどうなるのかな?このままちょっろっとしか出ないの嫌だよ。勝敗を決めるのはSPEEDだ。

コメントの投稿

非公開コメント

魔弾さん、こんにちは。(魔弾,你好。)
こんなに遅い才能は印象と感想を見て、本当にとても申しわけなく思う...(這麼晚才能看觀感,真的很抱歉...)
学校の方面の多すぎる事は忙しくする...(學校方面太多事情要忙)
印象と感想はすでに見終わって、元どおりな日本語の苦い手を越えないで、理解の方面の一部の困難。(觀感已經看完,不過依然日文苦手,理解方面有些困難。)
今晩最終の話で、期待。(今天晚上就是最終話了,期待。)

○シグレさん
>根本のところは同じような気がします
よかった~。もう叩かれまくるんじゃないかとヒヤヒヤもんでした。

>ラクスのいわゆる「駄目なところ」を直視しないようにしてたんですよね
それ、すごくよく分かります。
オレも、小説版でシンを理解していなかったら、あのままラクスマンセー状態だったと思います。
本来の主人公側から見てみると、ラクス陣営の矛盾ってかなりあるんですよ。
1stSEEDでも、ザラ議長に直接アプローチはしてないんですよね。
あの時は、アスランが決死の覚悟で潜入した訳で、ラクスは民意を煽っていたような感じですし。
こうして考えてみると、ラクスは敵(?)の親玉には直接関与しないですね。
それなのに、なんであんなに民衆に支持されるんでしょうかねぇ。
・・・ラクスだからですよね♪

>ラクスの悪かった点を見てしまったため、連鎖でボロが出てきそうで怖い
それも愛ですよ、愛。
悪いところもひっくるめて理解すれば良いんではないんでしょうか。
人は完璧な存在など無くて、でも、だから人なのですから(←ラクス様!?

>長々と
いえいえ、ウチのコメントは長いの大歓迎ですから。
賛同、反対、激論交わしましょう。

○ごりさん
>この物語の展開スピードや構成じゃ語りきれないことが多すぎて、全体として訳分からない話しになってる
アハハ、その通りですよね。
消化不良もいいとこで、我々は何とか脳内補完しながら読み解いてるわけで、結果的にものすごい荒行苦行なんではないでしょうか(笑)
キャラの性格も変わりすぎだし、主役まで強引に変えちゃってるし。
(それでもオレは、主役=シン、で考えてますけど)
振り返ってみると、この戦争(でいいのかな。内乱かな?)って、何だったんでしょうね。
何だか、戦う必要性が無かったような気がします。

>今作品のテーマのひとつに『運命の捉え方の違い』というのがあると思う
あ、これ、まさにその通りじゃないですか?
で、DESTINYとFREEDOMかぁ。深いなぁ。
んで、
>運命を「決定事項」とするか、それとも「選択結果」とするか
ということですかぁ。なるほどなぁ。
であればなおさら、勧善懲悪では無くなってますよねぇ。
これは宗教や哲学の領域ですもん。
それを無理矢理勧善懲悪にするために、議長にレクイエムとネオ・ジェネシスを撃たせた、と。

>最後はやはりこの2機が死力を尽くして激突
とすると、やはり主役はキラ、ですよね。
本来のスジからすれば痛み分け(相討ち)が相応しいんでしょうけど、議長がやっちゃった業がある分だけ、運命側が不利ですかねぇ。
あ、でも、そうすると、双方に正義がある状況ならば、ジャスティスは双方にある、と。
・・・それで、アスランはキラもシンも理解してるんですねぇ。
レジェンド(伝説)てのが、語感的に未来を向いていないのが気になりますね。

いずれにしても、泣いても笑っても残すトコ後1話。
なんとか、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』という物語だけは、うまく終わらせて欲しいものです。

語りきれない部分も多々

どもども♪木星返りです(^▽^笑)

都合があって、本日49話を見ました(おそっ
一言感想を言うと、勧善懲悪では無く、双方に正義があり悪がありっていう構図を描くなら、この物語の展開スピードや構成じゃ語りきれないことが多すぎて、全体として訳分からない話しになってるなぁと思いました。

あとアレです。
次週が最終回なのに、自由と運命って激突しないらしいですねぇ。

話しはそれますが、
今作品のテーマのひとつに『運命の捉え方の違い』というのがあると思うんですよね。
人生に照らし合わせてみて、運命を「決定事項」とするか、それとも「選択結果」とするか。
前者は、運命こそ全てとする議長側の意見だと思うし、後者は自我こそ尊重すべきとするラクス側の意見だと思うわけです。

で、話しを元に戻すと、
それら両勢力の意見を代弁するのが、やっぱり「デスティニー」と「フリーダム」だと思うわけです。
だもんで、最後はやはりこの2機が死力を尽くして激突し、どちらが勝つでも良いし相打ちでも良いので、それを通して結論を出して欲しいです。

>>なんだか、シグレさんのコメントに反論してるような、非常に申し訳ない気持ちになってきました。

そんなことないですよ。私もラクスの立場については、非常に複雑?な考えを持ってるので参考になります。
読んでて思ったんですが、たぶん魔弾さんの考えと、私の考え、根本のところは同じような気がします。


魔弾さんの、ラクスが好きだからこそ、こうゆう行動はとって欲しくなかったって気持ちも、すごく伝わってきました。


>>ラクスもカガリも、話し合いをしようともしていない。


これ、正直痛いところでした。
私も薄々思ってたんですが、ラクス好きが相俟って、ラクスのいわゆる「駄目なところ」を直視しないようにしてたんですよね・・・。
こんなことじゃ駄目ですね。反省 (´・ω・`)


あー、指摘されて、ラクスの悪かった点を見てしまったため、連鎖でボロが出てきそうで怖い(笑)
まあ、公平な立場で物事を見ることは大切ですから。
今まで見たくなかった部分、今度はじっくり見てみます(笑)

長々とスミマセンでした<(_ _)>





○シグレさん
長い文章、読んで頂いてありがとうございます^^
コメントもありがとうです。
今回は「ちと長すぎるかなー」て反省してまして、読んで頂けたのは素直に嬉しいです。

>ギルレイ
確かに、特にレイの接し方は異常な愛情?を感じさせるほどですよね。
常人には入り込む余地のない絆というのは確かに感じますし、49話でもシン抜きで作戦会議?みたいのしてたし。
FAITHになる前から、FAITH以上の存在だったような気もします。
1st、デス種通じて気になっているのが、クルーゼ、そしてレイがいつ調整されたのかが全く分からないこと。
もしかしたら同時期かも知れないし、年齢的な差ではレイの方が後かも知れない。
幼年期のムウが焼け落ちる自邸を見ている描写がありましたけど、あの頃にはクルーゼは既に存在していた訳です。
読み解く鍵として、レイの「キラ・ヤマトという夢のたった一人を作る資金のために、俺達は作られた」ていうのがあって、だとすると、キラが18歳ですから、その前後には少なくとも契約は結ばれていたことになる。
そうすると、ムウの幼年期に存在していたクルーゼが作られた時の資金提供とはタイムラグができてしまうし、レイの年齢の辻褄が合わなくなっちゃうんですが。
ただ、これは1回でしかも複数個体のクローンを作った、という前提であって、アル・ダ・フラガの遺伝子を何らかの方法で保存しておいて、クルーゼの意志でもう一人(複数かもですが)作らせた、とか色々推測は出来るんですよね。
レイは幼年期に冷凍睡眠させられていた、とかね(飛躍しすぎ?)
で、議長がL4メンデルにいて何らかの実験を行っていたのは間違いないわけで、オレ的には「レイの調整に関わっていた(かもしれない)」という風に考えてしまいますね(笑)
オレの考えでは、ギルレイの関係は先天的なもの、てのも含まれちゃうのかな。
この辺は全く闇の中なので、いろいろ可能性を推測するのが面白いのかもしれません。

>ラクス
>どちらの立場にも正義があって、正解なんてないってことに、ラクスは気がついてます
そう、「戦いはダメだ」というのは、ラクスの根底にあると思います。というか思いたい。
でなければラクスではないですから(笑)
Destiny Planが実行されてはならない物だ、というのも理解できます。
自分たちの、人類の未来の自由のために戦う、ということも理解してるつもりです。
ラクス好きですから。
オレ的には、勝敗に拘るラクスがいてもいいんですけど、その引き金がミーアの死(だけではないでしょうが)ってのが、どうしても解せないんですよ。
実の父親が殺された時でも、あそこまで怒りに燃えて好戦的にはならなかったのに、議長に利用されていた不幸な境遇(?)とはいえ、ミーアですよ?
理想論になってしまうかもですけど、ラクスやキラの口からだけは、「勝ち」を聞きたくなかった。
それは、「他者より上へ」ということではないですか。
結果的に勝利であっても、勝利を促すような、戦いを促すような存在でいて欲しくなかったんですよ。
という前提がオレの中にあります。

>もう話し合いの段階はとうに過ぎてしまっていますし
その上で、シグレさんが指摘してくれたこのタイミングです。
非常に疑問なんですが、議長のDestiny Planをかぎまわって事実を見つけ出して、どうして一度も話し合いをしようとしなかったのか、ということ。
確かに、ラクスは命を狙われたんだけど、ラクスもカガリも、話し合いをしようともしていない。
彼らが本当に非力であったとも思えない。
ラクスはだめでも、カガリならその機会を持てたと思うし、持つべきだと思います。
ロゴス討伐戦で世界が混沌としていた、てのはあると思うし、議長のPlan発動も性急でしたから、そんな余地は無かったのかも知れないです。
けど、政治的云々を口にするなら、少なくとも公式な話し合いはあってしかるべきだったと思うし、今の描写では、怪しい→探り→Plan発動→反対!→ミーア死亡→逆鱗!!みたいな、たんなるアジテイター的な気がして仕方がないんですよ。
もっともっと平和的な解決方法はあったはずなのに、それを故意か偶然かやり過ごして、どうしようもない状況で「やっぱダメ」って蜂起した感が拭えなくて。
この辺は、水面下で政治的に動いていたのかもしれないですけど、TV本編では、そんな風に見えてしまいました。
前作でも、事態がどうしようもなくなってから“仕方なく”武力を動かしたようなイメージがあったんですけど、今作は輪をかけているように思えます。
たぶんに主観的な問題なのかもしれないですけどね。
このあたりのタイミングとかやりとりとか、もし存在してるのなら、小説版でもコミック版でもいいので補完して欲しい部分ではあります。
でないと、クライン派=テロリスト、という見方も、実は正しいんじゃないか、とも思えるし。
そうは思いたくないし。

なんだか、シグレさんのコメントに反論してるような、非常に申し訳ない気持ちになってきました。
反論に見えるかもだけど、決して反論ではないです。
シグレさんの見方は、いつも参考にしてますし、今回のコメントも「なるほど」と思ってますよ。
(何だか言い訳がましいな。更に深みにはまった気がする(笑))

んんっ!魂の感想、堪能させて頂きました。

今回の、っていうか、前々から疑問に思ってたんですが、なんでレイはあそこまで盲目的に議長を支持しているのでしょうかね。そこには、他人の介入する余地のない、強い絆があるように思えます。

私見ですが、その根本には「議長の人間としての欠陥」が原因になっていると見ているんですが・・・。
グラディス艦長との別れのシーン、たしか子供が欲しいとかそんな会話してたような・・・。その辺が起因として、同じ欠陥者同士、お互いを哀れみ、また認めているんじゃないかなーと(健全ではないですが)

で、この考えからすると、やっぱり議長はレイを作った側とは関係ないような気がします。自分の傷を知っているから、あえてまた、同じような傷を持つ人間を作り出すことをあの議長が良しとすとは、どうしても思えなくて・・・。




それとラクスですね。
ラクス、勝ち負けに拘ってましたか・・・。
気がつきませんでした。
たぶん、ミーアのことがよっぽど堪えてるんでしょうね。

んーー・・・・・・。
でも、今回の場合、勝ち負けに拘ってもいいんじゃないかな、とも思います。
たぶん、どちらの立場にも正義があって、正解なんてないってことに、ラクスは気がついてます。

今回の場合、ラクスたちが勝たないと、もう議長たちに抵抗する人がいなくなってしまうから、DESTINYプランを発動させてしまったら、すべてが遅いから。

キラは言ってました。「戦いからは、何も生まれないんだ」と。
もちろん、これはラクスも同じ事を思っていると思います。それでも、ラクスたちが「戦って勝たなくては」ラクスたちのいう正義は叶えられませんから。もう話し合いの段階はとうに過ぎてしまっていますし。もう、後には引けない、絶対に勝たねばならないぎりぎりのライン、それが今回の話だったんじゃないかなーと。

自分の正義のために、敵を討つ。
やらねば、やられる。利己的ですが、戦争なんて
そんなものかなーと思います。
もっとも、それを嫌っていたラクスがそれをやったのだから、相当の苦悶と決意があったのではないでしょうか(贔屓目しすぎ??)


とまあ、色々御託並べてみましたが、私の中でもいまいち整理しきってないので、何が正しいのかよく定まってません(なら変なコメントするなよなー)

命題が難しいので、また少し視点を変えて考え直してみます。

ではでは。

○るーくさん
どもども。って、それはアイタタタでしたねぇ。
完全ネタバレになってしまって申し訳ないです。
で、パスですけど、今週は49話、50話の2話分です。
33A
Z4V
この待ち受け画像、10月以降有料配信されるみたいですよ。
途中で機種変したんで、ありがたいっちゃーありがたいですけど、やっぱロゴスだな、と(笑)
関東では、再放送も決定したみたいです。

>UCGO
おぉ、より現実的な戦闘が可能になったわけですね?
正式稼動は、今週木曜日からでしたっけ?
つっても、当初はやっぱり様子見かな。

○-さん
コメントありがとうございます。
返信する術が無いので、こちらでレスいたしますね。
ラクスがお好きな気持ち、よく分かりました。
ですが、オレの目には、少なくともここ数話のラクスはあのように映っている、ということです。
絶対悪が存在しない以上、双方に非があって然るべきで、だからこそ、かつての『平和の歌姫』ではない今のラクスの姿勢に、非常に疑問を感じているのです。
悲しい不愉快な気持ちにさせてしまったことは陳謝致します。
また、オレの拙い英語ではこの内容をお伝えすることは不可能だと思い、あえて日本語でレスを入れましたこともご容赦ください。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

どーも今回はいきなりorzです・・・
予約録画失敗しました・・・
当然のごとく本編見れてないのでDVD出るまで我慢です

仕方ないのでUCGOについて
9/21日にキャラリセがあり本運用のベータに更新されたので参考までに
横移動の追加、ロックオンの自動追尾の性能低下で戦闘がかなり良くなりました
それに、携帯弾数が制限されるようになり、この点においても敵エース部隊に居座られる事が少なくなりました
まぁとりあえず遊べるレベルにはなってます。
価格の問題を除けばの話ですが・・・

P.S.
今回の待ち受けのPASS誰か教えてー
ご来場者様数

書き手

魔弾@月王丸

  • Author:魔弾@月王丸
  • ガンダム占い:グフ飛行試験型
    ガンダムSEED占い:バスター
    Zガンダム占い:ガーベラ・テトラ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
『模型サークル』バナーっす

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。