スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

46話における、ミーア・キャンベルの“死”

2005/09/04

「あら・・・これは、いけませんわね」(ラクス調)
昨日放送のPHASE-46『真実の歌』の最後、凶弾に倒れた“偽ラクス”ことミーア・キャンベル
SEED系のブログを各地回ってみましたが、みんな死亡表記じゃないですか!?
ホントに死んじゃったのかなぁ。
つーことで、SEED~デス種における“死”と“キャラクターの定義”について考えてみました。

(関連記事:機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-46『真実の歌』即感

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-46 真実の歌

うすた好きと謳っている以上いつかはやってみようと。でも、自信もなく後回しになってましたが今週ついに…恐る恐る逝ってみましょうかね、感想へ…

ガンダムSEED Destiny 第46話 真実の歌

アバンタイトル。 ザフトがレクイエム用偏向ステーションを、新たに3基確保。 する

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』 #46

前大戦の末期、ドラグーン攻撃で消滅したと思われたジブリールだったが・・・

コメントの投稿

非公開コメント

○るーくさん
確かにミーアの扱いって微妙ですよねぇ。
生きてれば生きてたで使い道はあるでしょうし、かといって今死んでも特に問題はない。
ただ、議長サイドにとってはミーアは必須であったハズで、ミーアがいなくなることで計画変更を余儀なくされるのは間違いないと思うんですよね。

そうか。ミーアの死→計画に狂い→プランの至急な早期着手→強制終了、てな畳み掛けでしょうか?
・・・制作サイドがずさん過ぎるな、それじゃ。

今話はやっぱり、ミーアを重体に(もしくは死亡)させるためだけの話で、そこから綻んだ計画は完璧さを欠いてしまい、結局ラクス陣営に阻止されちゃうってことでしょうかね。
うーむ。
ネタバレのディスクの内容も寂しすぎますよねぇ。

うーん
微妙なんですよねぇ
>某テレビ雑誌のネタバレ記事
ディスクの内容がこれならミーアが生きてる必要は製作者にとって必要なくなるんです
だって、これを仮に表に出せばミーアが偽ラクスで議長が一枚かんでる証拠になってしまうんで
内容がミーアが個人的に作った歌とかなら生存して無いと困ってしまうわけですけどねぇ
まぁ、殺す必要も無いのは確かですけど、別にラクス陣営にとって不都合は無いわけですし
夫妻はお気に入りのキャラ以外は結構冷たいんで・・・
ハイネなんて、ついでに殺されたようなもんでしたし
マユでしたっけシンの妹、すでに忘れられてる感がありますから
ストーリーの展開的にはミーアは生きてた方が色々と使い易いキャラですからねぇ

>ミーアの助けてメモ。
だから罠なのがバレバレだったのかも

つぶやき

つぶやきはペットリンクを受け取りました。

ボンボンメキシカン!!

ボンボンメキシカン!!はペットリンクを受け取りました。

Blog Diary

Blog Diaryはペットリンクを受け取りました。
ご来場者様数

書き手

魔弾@月王丸

  • Author:魔弾@月王丸
  • ガンダム占い:グフ飛行試験型
    ガンダムSEED占い:バスター
    Zガンダム占い:ガーベラ・テトラ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
『模型サークル』バナーっす

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。