上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手持ちの限定版の通常版は、この『宇宙、閃光の果てにif・・・』で購入完了。
ここまで表紙が別物だと、もはや同じ巻だとは到底思えない。
中身は一緒。

オレはコレクターでも何でもないんで、読むために通常版を買ったけど、やっぱ納得はいかないですよ。

この初回限定版と通常版て、いまや巷にありふれてるよね。
CDやDVDだって多いし、ゲームソフトも然り。初回版にはオマケ付けて高く売っちゃう、と。
今度発売されるファーストガンダムのDVD-BOXだって、初回限定生産でしょ?
HCM-Proの限定品ガンダムが付いた。・・・イラネ。
オレの予想では、BOX2にはHCM-Proシャアザクっすかね?
以前のボトムズとかダンバインなんかも、初回限定生産だったよね。
(その割には売ってるのをちらほら見かけますが)

初回版の需要って果たしてあるのかな。
プラモだと、初期ロットの方が金型シャープでパーツの精度が高いんだけど、DVDやゲームって、基本的に同じだよね?
ゲームの場合、しばらくすると『BEST』になっちゃって安価版出ちゃうし。
やっぱ、オマケメイン(言い過ぎ)のコレクターズアイテムなのかな。
何にせよ、オマケも欲しい人が自由に入手できる環境ての、欲しい気がします。
「それだとプレミア付かないじゃん」
ごもっともで。
一ガンダムファンの立場から言うと、プレミアなんか必要ないし。
だってさ、どうせ売らないもん(笑)

機動戦士ガンダムSEED公式外伝ASTRAYの、電撃ホビーマガジンに掲載された作例と設定資料集です。
なんか、すげぇ勢いで売れてるみたいね、コレ。
近所の本屋は軒並み完売で、辛うじて楽天ブックスで入手できました。
電撃で連載された、実に3年半の集大成です。
表紙はセカンドL+アウトフレーム。
新作は殆ど無いん(シュライク+M1のみ?)ですが、これだけの作例集は圧巻です。
ASTRAY、D-ASTRAY、そしてMSV。
HJのがMSV中心だったんで、2冊揃ってはじめて外伝を網羅できたかと思われます。

これはね、モデラー諸氏、種信者は買っておけ。
つーか、入手しにくいと思われるので、欲しい方は見つけたら即ゲットすよ。
一応↓リンク貼っておきます。

GUNDAM SEED ASTRAY MASTERS


2巻から、またもや月日を経ての発売です。
だから、1巻2巻の内容忘れちゃったよorz
一応読んでみました。
・・・。
・・・。
サテライト・キャノン、敵側(でいいんだよね?)で復活。

しかしアレだね。
なんでガンダム世界の主人公っつーのは、15歳、16歳のガキが多いんでしょうか。
艦長とかも若くてさ。
普通の大人なら経験の少ない実績のない小僧の言うことなんか聞きませんよ?
軍事規律とか言うけどさ、現代の社会人だって、上司の言うことを100%聞く訳じゃないし。
・・・話が横道に逸れました。スミマセン。

ていうかね、マジでもう一回読み直すことにします。わからん。

一年戦争の英雄”で“敏腕ジャーナリスト”のカイ・シデンが、グリプス戦役の“裏”をレポートするデイ・アフター・トゥモローが単行本化されました。
親友から「面白い」と聞かされてたんで、即購入。
・・・面白い。
話の内容が、『ありそう』なんだよね。
カイの、ジャーナリストからの視点、てのも良いです。
いろんなところで、TVや劇場版本編とのリンクも示唆されてるけど、こういうすり合わせ作業作業って、すごい大変なんだよね。
コラム(?)中でことぶき先生自らも語られてますが、その苦労は並大抵じゃないと思いますよ。
オレ的には、巻頭の『銀狐』の話と『ゲーツ・キャパ』、『ナミカー・コーネル』辺りにしびれました。
まさかこの時代に、こういうキャラにスポットが当たろうとは・・・。

諸手を挙げて全てを肯定するわけではない(ハヤトやブライトの結婚式があんなに華々しかったかと考えると、オレ的にはすごく疑問です)ですけど、視点も斬新で面白いですよ。
2巻でゼータ編は終了みたいなこと書かれてますが、それで構いません(笑)
もっと自由にカイに動いて貰いたい気がするな。
なんつーか、オレの中のカイって、等身大で普通っぽくて、でも独特の正義感を持ってる、そんなキャラです。
・・・ガンキャノン作りたくなった(笑)

MS IGLOO最新巻にして最終巻、第二巻を買いました。
えぇ。買いましたとも。
内容は、『南海に竜は潜む』『軌道上に幻影は疾る』『視線つらぬく先に・・・』『戦雲に光を見た』の4編。

相変わらず泣けます。
なんつーかな、義と信条に生きる漢の生き様を、まざまざと見せつけてくれます。
ガレージキット化されたエーギル、戦場の先を見るバロール、そして今やその存在はオフィシャルとなったEMS-04(EMS-10)Zudah
それら“没メカ”と、“没メカ”に携わり共に散った漢達。
そんな物語が、儚くも華々しくちりばめられています。
ともすれば忘れがちな大切なこと』を教えてくれる、そんな物語です。
1巻ともどもオススメ。というか、是非読んでみてください。

今月もホビージャパンと電撃ホビーマガジンを購入。

今月はホビージャパンがオススメ
なんつっても、MGゼータver.2.0改藤田版ゼータですよ。
それと、1/100テスタメントね。
なんかね、その昔のガンポンみたいな、オリジナリティ溢れる誌面構成のように感じました。
新発売関係では、MGギャンHGUC旧ザクヅダ。・・・ヅダ!?マジですか?
それと、HGストライクノワール、メガハウスのアクションフィギュア『ステラ』『メイリン』辺りに目がいきました。
特にメイリン。カワイイ。欲しい。
あと、HCM-Proで逆襲のシャアシリーズスタートですねぇ。
コイツは買っちゃいそうでヤバイっすよ。
ガンポン最新刊は5/9発売だそうで。
アクティックギアは、ファッティーマーシィドッグがラインナップに。
(って、既に予約してましたけど(笑))
実は、過去購入した限定版のC.D.A.とエコールの通常版を購入しました。
どっちも話が今ひとつ分からなくなっちゃって、もう一回読まなきゃだったんですが、限定版を箱から出すのってかなりメンドクサイんですよね。
んで、『読む用』として通常版を購入しました。
買ったのは、C.D.A.の7巻、4巻、エコールの8巻、5巻です。
(ちなみに、↓以下、追記の画像含め右側が全て限定版、左側が全て通常版)




4/26発売の最新12巻をゲットしました。
開戦編(後編)+出会い~シャアとララァ~を収録。
内容的には、なんかすごいことになってきた感じが。

シャアは士官学校中退?ジャブローの工事現場で働いてる時にララァと知り合っちゃう。
テム・レイはミノフスキー博士の弟子。弟子?
アムロ、ハヤト、フラウ(というのは、「おばさん」というニックネームだそうで(笑))、カイがクラスメート。・・・え?
ハロが饒舌(笑)
開戦前夜、シャア、ランバ・ラル、黒い三連星がミノフスキー博士を暗殺。
アナハイム・エレクトロニクスでRX-77を開発。・・・え。
えーっと・・・。
ま、コレは本編とは違うというか、違って来ちゃったというか・・・。
相変わらず、キシリア閣下が肉感的で良いです。
きょうらう・る・くるーぜはここまでblog♪

今日は大きいか、画像などを進捗しなかったの?まだんが、面処理したおかげで、(たぶん)多少シャープに進捗アップです全身のヤスリがけは終了、あとはクリヤー吹いてスミ入れてデカール貼ってつや消し吹いて・・*このエントリは、B l o g P e t(ブログペット)の「らう・る・くるーぜ」が書きました。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らう・る・くるーぜ」が書きました。
もう昨日ですが、4/18、誕生日を迎えてしまいました。
もうね、この歳になると、めでたくも何とも無い。
むしろ、「冥土の旅の一里塚」といった言葉がぴったりorz
ただ、日頃頑張ってる(と思ってる)自分へのご褒美に、昨年来購入を躊躇っていたモノを買いました。

じゃじゃーん。
平成17年8月1日発売の、ガンダム切手シート。680円。ショボイすかね(笑)
いやね、会社の近所の郵便局に売れ残ってるのは知ってたんですよ。
でも、きっかけが無くて、なかなか購入に踏み切れなかった。
んで、誕生日にたまたま郵便局に用事があって、まだ売ってたんで買っちゃいました。
図柄は、アムロ+ガンダム、シャア+ザク、カミーユ+ゼータ、ヒイロ+ウイング、キラ、アスラン
・・・。
いつも、まだんは
おそらく全国一分かりやすいシンプルな名称ではないかと(笑)あまりにもシンプルでカッコイイので、バナーも作ってみました。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らう・る・くるーぜ」が書きました。
本日4/15、小雨(じゃなく結構降ってた)降る中13時より、京田辺市某所において、我らが『模型サークル』のOFF会が行われました。
この団体としては初のOFF会です。
てか、今日からサークルができました(笑)
何がスゴイって、新参サークルで出来たてのホヤホヤなのに模型誌ライターさん2名(GASさん、VANちゃん)が所属(だよね?)、昨年G王大阪大会チャンピオンであるすえぞうさんが在籍してることすかねぇ。
(って、そんな縛りあったっけか?)
また、神戸の凄腕集団『First Age』の代表者(であり、かつて『某M氏のBBSを閉鎖に追い込んだ男』)が掛け持ち参加してるってのも・・・別にプラスでもないか(笑)
あ、それと、真新しいサークルなのに、平均年齢が異様に高いってのも、大きなポイントです。
そして、サークル名も分かりやすく『模型サークル』。
おそらく全国一分かりやすいシンプルな名称ではないかと(笑)
あまりにもシンプルでカッコイイので、バナーも作ってみました。
mokeicircle_banner.gif
メンバーは持ち帰ってください(厳命)
今回参加者は、総勢12名。
(Blackさん(リーダー)、ガイアさん、GASさん、VANちゃん、ともちゃん、すえぞうさん、まこりんさん、FAへっぽこさん、ヨッシ~さん、ぶくこんさん、ヨシ君、オレ)

中には、逸る気持ちを押さえきれず先週既に会場に行ってしまった方や、今朝4時まで気合い入れて作品を仕上げていた人など、模型に対する情熱は、そりゃもう大変なモンです。

(↑アホウドリの秘密ギミックを披露するGASさん(嘘))

4/12付日経産業新聞朝刊1面に、バンダイの最新技術の記事が載ってましたよ。
(新聞をそのまま撮影したので汚いです。ごめんなさい)
この技術によると、40μm単位での超微細加工により、大きさ4mmの人物の指先や衣服のしわまで表現できるフィギュアとか、1/1700のガンダム(約1cm)を造形できたり、通常のプラモに被弾痕をリアルに再現することも可能だとか。

すげぇなぁ。
写真見えると思いますけど、従来法(=キラ)と新製法(=シン)の作り込み感の違いっての、はっきり分かりますよね。
500円玉と比べたガンダム(ライフルの形状からRX-78GP01と思われ)も以前のモッサリした感じではなくシャープだし、その足下のフィギュアなんか、4mmっすよ、4mm。
4mmつーことは、約1/400位すか。
ガンコレと同サイズの人物、つーことですよね?
ホント、ガンプラは日進月歩っすよ。

ただ、コレ、塗装大変そうだけど(笑)
このサイズだと、塗装済み完成品も無理だろうなぁ。
てか、風で飛んじゃいますよ(笑)
今日は大きいか、画像などを処理した?
久々に進捗アップです
全身のヤスリがけは終了、スミとか、画像などを進捗しなかったの?
まだんが、面処理したおかげで、(たぶん)
多少シャープに進捗アップです
全身のヤスリがけは終了、あとはクリヤー吹いてスミ入れてスミ入れてつや消し吹いてスミ入れてデカール貼ってつや消し吹いて・・・


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らう・る・くるーぜ」が書きました。

完成しました。
簡単フィニッシュでしたが、思いの外時間かかってますね(笑)
今回は前にも言いましたけど、某OFF用です。
で、(一応)レギュレーションは、1/144HGUCドム、簡単フィニッシュ(じゃなくて全塗の人もいますけど(笑))、右肩にジオン公国章、左肩に機体ナンバー
機体ナンバーは、コンスコン隊の12機になぞらえて、1~12までを早い者勝ちで選択。
オレは「11」を選択したんですが、非常に纏まりの悪い数字であったことが判明。
アホでしたorz
で、今回「011」と三桁にして、何とかそれらしくしてみました。
ジオン公国章は電撃ホビーマガジンの綴じ込み付録のものですが、少し浮いちゃった。

機体本体は特にいじってません。
スジ消し必要な部分の接着処理だけです。
塗装は部分塗装(つっても、頭内部メカと指を塗ったのみ)です。
指は機体装甲暗部と同色としました。
これは、ドムの指はザク系と比べ二回りほど大きいのは、通常サイズのマニピュレーターに増加装甲を被せたものではないか?との考えからです。
「遂に」というか、「やっと」というか、ファーストガンダムのDVD-BOXが発売されます。
テレビシリーズ全43話を11枚のDVDに収録。
BOX第1巻は1~24話を収めた6枚組、2006年12月22日発売。
2巻は25~43話の5枚組で、2007年1月26日発売。
なお、単品ディスクは2007年2月23日から発売、DVD発売にさきがけ、今年7月からレンタル開始だそうです。
BOXは初回限定生産で、1巻は3万7800円、2巻は3万1500円
9月14日までに店頭で予約すると、特製アクションモデル「1/200RX-78GUNDAM Limited Version」が付くそーです。
1/200・・・HCM-Proだな?特製ったって、色替え程度なんじゃ?(邪推)
で、43話分で6万9800円・・・。尋常な価格じゃないよね。

で、楽天で検索かけてみたら、早くも予約が始まってました。
↓ご参考に、どぞ。

機動戦士ガンダムDVD-BOX(1)



機動戦士ガンダムDVD-BOX(2)


ただなぁ。
ファーストのLD-BOXが出た後すぐに、メディアがDVDに移行したんだよなぁ。
高い金出して買ったのに・・・orz
そうすると、HD-DVDまたはブルーレイの普及も近いんでしょうか。

つい先ほど、FC2ブログ★ランキングのガンダム部門で1位になりました^^
また、(たぶん)昨日、15万HITを無事にオーヴァー(懐)しました。
これもひとえに皆様のおかげです。
この場を借りて、お礼申し上げます。
このブログを立ち上げて約1年半、これからも続けていければいいなぁと思ってます。
今後ともよろしくです。

(追記)
あっはっは、もう2位に転落してますね(笑)
三日天下どころか、一夜天下(なんかかっこいいなw)でしたかorz
ま、ウチのブログなんて内容も何も無いんでこんなもんですかね(笑)
何はともあれ、今後ともよろしくですー。

久々に進捗アップです。
全身のヤスリがけは終了、あとはクリヤー吹いてスミ入れてデカール貼ってつや消し吹いて・・・。
まだまだだな(汗)
ま、ココまで来れば完成でしょ(安易)
20060406-2.jpg
ちょっと見にくいかもですが、面処理したおかげで、(たぶん)多少シャープになってるかな?
次にアップするときは、完成画像になる・・・かな。たぶん。
昨日東京日帰り出張の折り、新幹線の中で読破しました。
オレね、キラ、ラクスのことを誤解していたようです。
それと、シン、レイ、ルナ、アスラン、カガリ、メイリン、ミーア、そして議長、イザーク、ディアッカ・・・。
登場する愛すべきキャラクター達の全てを誤解してたかな。
デス種は、小説版を読まなければ終わらないよ。これは断言します。
TV本編に追記された部分、なるほど~と思うことばかりだったし。

以下、内容を簡単に触れますが、多分にネタバレを含むため、気になる方だけ追記を開いてください。

大きい印象を補正しなかった?
まだんは、ネットでクサイなどを認識しなかったな
・・・
また読み直しか?※
この記事が、補正でなんとか見れるレベルでしょうか
遂に、満を補正しなかった?
まだんは、ネットで印象や小説と大きい印象を補正しなかった
若干赤み強いですが、これはTV本編で撮った
若干最終巻
と、まだんが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らう・る・くるーぜ」が書きました。

遂に、満を持しての発売となりました、小説版最終巻。
発売がかなり遅れた印象ですが、これはTV本編ではなくFINAL PLUSを元にしてるからだそうです。
巻末には、ギルバート・デキュランダル最高評議会議長役の池田秀一さんの後書きもあり。
この後書き、泣ける。
議長の演じ方、そしてラストでレイに撃たれた時の議長の気持ち。
あれだけ見てたはずなのに、分からなかったな。
やはり、小説版は完読すべきだと再認識しました
つーか、4巻までの内容、忘れちゃったクサイ。
・・・また読み直しか?

※この記事が、BOOK REVIEWの通算100記事目となりました。
※また、新デジカメで撮った初めての画像でもあります。
 若干赤み強いですが、補正でなんとか見れるレベルでしょうか。

(↑この写真が旧デジカメの最終画像です(笑))
本日、新デジカメが無事に到着しました。
手違いなのか配達日指定不可だったのか、SD CARDは昨日届いてました。
さしずめ、「新鋭機実戦配備」というところでしょうか(大袈裟)
色はもうちょっと白だと思ったんですが、むしろパールホワイトです。
キュベレイみたいだな。
画素数はそんなに違わないんですが、大きさは旧F700の3/4程度になりました。
ただね、充電が結構メンドクサイ。
いちいち電池外して充電器に差し込んで充電する、つーのがなんとも。
別売でACアダプター売ってるんですが、そんなの買うくらいならケースと予備バッテリー買うっつの。
ま、まずは使い方に慣れなきゃ、だよね。
ちょこちょこっといじり回してみようと思います。

(関連記事:デジカメを買い換えます

vol.1と同時発売のvol.2、こちらはDESTINY MSV編
表紙はデスティニーインパルス3号機+プロヴィデンスザク、裏表紙は新規造形のオオツキガタ
やっぱ、MSV関係は文章(というか設定)読むと面白いよね。
インパルスは複数機が前線に配備された、デスティニーシルエットは4機建造された、とか。
この時代のZAFT製MSは、基本的にザクをテストヘッドにしてる、とか、ファーストからのファンをニヤリとさせる設定だし。

作例的には目新しさは感じられませんが、その分安心感があるかな。
ただ、オレ的にはvol.1のみの購入でも十分だと思いますよ。
vol.1は必見です。

そうそう。
vol.1の記事に書き忘れましたが、バリエーションとしてミーティア装備のデスティニー、レジェンドが提示されてます。
これも必見かもですよ?

月刊ホビージャパン別冊ムック、後述のvol.2と同時発売、各2000円
トータル4000円は正直痛かったような気もしますが、冬ソナのおかげで潤っていたので助かった感じ。
(他に、アクティックギアのスコープドックターボカスタム、ミッションクメンも購入。年度末に散財しまくりました。)

vol.1の内容は、新規作り起こし含むデス種TV本編登場MSの作例集
表紙がデスティニー+シン、裏表紙がストライクフリーダムてのが良いね。
で、この2機ですが、異様にカッコイイです。
この2作を見るだけでも2000円の価値あり
特にデスティニーなんか、これでもかっ!てくらいの作品です。
MGフリーダムベースのストライクフリーダムもすげぇ。
とにかく、デスティニー、ストライクフリーダムの立体物としては、(オレの中での)最高峰ではなかろうか、てなレベルです。
ホビージャパンの底力、久々に見せていただいた気がしますよ。
来月発売のアニメ誌に掲載されると思いますが、予てからの情報通り、この秋新作がスタートします。
時間枠は、当然BLOOD+の後番組。

今回の主人公は元々連合側ですが、今まであまり語られなかった南アメリカ合衆国、大洋州連合、赤道連合あたりから話がスタートされる見込みです。
この辺の地域はZAFT、連合に対して独立性を有していた地域とも言えるわけですが、第2次LOGO'S戦役では大西洋連邦に無理矢理併呑された地域でもあり、政情は非常に不安定なままだったようです。
そうなると、当然のようにかつての『暁の砂漠(あけのさばく=対ZAFTレジスタンス)』や『南米の英雄』が気になるところですよね。

C.E.76
この時代は、ZAFTとオーブを主導とする地球規模の平和国家の建設が進んでいるようなのですが、DESTINY PLANを放棄した人類にとっては、同時に貧富の差の拡大と戦禍による深刻な食料危機、未だ排除され尽くしていないニュートロンジャマーの影響によるエネルギー危機など、人々の不公平感は日に日に高まりを見せている、そんな不安定な政情です。

そんな中、先の大戦で弱体化したはずの大西洋連邦、そのかつての中枢であったJOSH-Aで起死回生を狙い極秘裏に開発されていた新型MS【PHOTON】と、それを操るべく調整されたネオ・エクステンデッドの少年がMSテスト中に脱走。
その少年を捕獲すべく追撃任務に出る独立遊撃部隊“ファントムペイン”の新型MS【GRAVITON】【PROTON】【NEUTRON】、その進路に立ちはだかる謎の部隊・・・。
そして、全世界に向け放たれる、かつての“プラント最高評議会議長”の演説。
地球圏は、三度戦火に焼かれることになってしまうのか。
その時、かつての英雄たちは、そして完全平和を掲げる歌姫は・・・。

2006年10月6日(土)18時、TBS、MBS系にて放映開始。

新番組機動戦士ガンダムSEED SUBLIMATION、混沌の闇を切り裂け、PHOTON!
ご来場者様数

書き手

魔弾@月王丸

  • Author:魔弾@月王丸
  • ガンダム占い:グフ飛行試験型
    ガンダムSEED占い:バスター
    Zガンダム占い:ガーベラ・テトラ
カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
『模型サークル』バナーっす

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。