上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦場からは、かなり長時間遠のいていたような気がする。
マシンの不調はどうしようもないものであったが、連邦と戦うためにチューンナップを施してきたのも事実だ。
だが、果たしてこの戦争にどれだけの意義があったというのだろう。
時は過ぎ去り、そしてまた巡り来る。
そうしてオレは、最後の決断を自らに下した。
退役。
マシンの不調を嘆きつつ、なんとか戦場に返り咲きたいと願っていたが、最早それさえもどうでもいい事のように思えてきた。
思えば豪州大陸に降り立ったあの日の高揚感、初めて受領したMSを大破された時の喪失感、戦友達と荒野を駆け巡った疾走感、それら全てが懐かしい駆動オイルの焼ける匂いと交錯する。
オレは、戦いきることができたのだろうか。
答えは「否」だろう。
でも、やるだけはやってみた。そんな風にも思えたりするのだ。
最近、『ぱちんこ冬のソナタ』で負け無し(ヨン様、チェ・ジウ姫大好きになりましたw)で、勝ったお金で念願のデジカメを買い換えることにしました。
機種は、PanasonicのLUMIX DMC-FX01です。
色は、やっぱガンダム好きだし、それに冬ソナで勝ったから白だろと(笑)
で、ついでにBUFFALO製SD CARD RSDC-S1Gも安かったので購入。
(つっても、注文しただけで未だ手元には届いてないんですけどね)
パチンコ打つようになってかなりの年数ですけど、これ程相性の良い機種って今までに無かったですよ。
ホントに負けない。
ドラマ(ていうか原作)完全には分からないんで、今度改めてきちんと見てみようと思ってます。

今までの画像、微妙にピントが来てないのが多かったんじゃないかと思うんですよ。
お見苦しい画像ばかりで、ホンマに申し訳なかったです。
今使ってるのは2年半前に買ったFUJI FILMFine Pix F700(620万画素)だったんですが、微妙に故障気味だったんですよ。
電源OFFにすると、いったん内蔵されるレンズが再度起動して出てきて内蔵されて、を2、3度繰り返すのと、異様なまでのバッテリーの保ちの悪さがネックでした。
で、ここ半年ほど買い換えを考えてたんですよ。
ホントは、FX01の前のLUMIX DMC-FX9を買おうと思ってたんですが、迷ってるウチに後継機が出まして(笑)
手ブレ補正ジャイロ内蔵だし、「これで一々セルフタイマー使ってブレを軽減させなくても大丈夫」になりました。

ま、大した画像載せるわけではないんですが、一応ご報告っつーことで。
今週末に届く予定ですんで、来週分(つっても、最近あんまり更新してないですけど)からは、新カメラでの画像になります。

・・・ありゃ?ガンダムの話題全然無いや(汗)

ようやく今月号のモデルグラフィックスを購入しました。
いつもならWF特集号は買わないんですが、表紙につられて思わず購入。
この綾波レイいいなぁ。
フィギュア系中心にメカモノまで、WF注目の造形が誌面を彩ってます。
レイズナー関係、いいなぁ。欲しいなぁ。
あと、海洋堂のリボルテック山口ブランド(?)のエヴァンゲリオン初号機
欲しいなぁ(こればっか)

ガンプラ関係は、MGネモを使って、ドダイ改(フルスクラッチ)、百式付属のバリュート装備、といった堅実なもの。
MG誌の作例ってのもあるんですが、MGネモ、すごく格好良く見えます。
いや、実際カッコイイんだろうね。
他、ファインモールドのミレニアム・ファルコンがすげぇ。

内容的には相変わらずのMG節ですが、表紙だけで買ってもいいかも。

電撃ホビーマガジン別冊ヘイズル特集(タイトルは長すぎるので省略)、近所の本屋で購入しました。
内容は、本誌掲載のモノが大半ですが、新メカ“アラクネ”装備のスーパーヘイズルが一際目を引きます。
てかコレ、新メカではなくて、炸裂オレガン作例なのね(笑)
なんとインコムユニットを装備したヘイズル版スーパーガンダムです。
本編版ディテールって、見よう見まねでは難しいし、ヘイズルを使ったオレガンって、消化不良を起こす危険性もあると思われるんですが、コイツはさすが電撃オフィシャル(でもないのか?)

他は、新規作り起こしのイカロスユニットくらいですかねぇ、見所は。
全頁ヘイズル・・・でもないか、クウェル載ってるし。

ま、オレ的にはコレクション感覚でこの手の本をついつい買ってしまうので何とも言えませんが、オレみたいに本誌を捨ててしまう(しかも早急に)人にとっては、非常にありがたい一冊だと思います。
巻末(だけじゃなくそこかしこに掲載されている)の設定資料も、非常に有用でしょう。
ただね、\1800は、正直微妙。

W外伝のG-UNITを、今更ながら購入しました。
ずっと気にはなってたんですが、なんか購入に踏み切れずに来ちゃったんだけど、Gレジェンドコミックスではないオリジナル版が(なんとなく)絶版になっちゃいそうだったんで、慌てて滑り込み購入です。
1巻2巻はガンダムズの余剰在庫(?)で手に入れたんですが、3巻が全然無くて、たまたま見つけた楽天ブックスで即買い。
ようやく全編を読むことが出来ました。
ガンダムジェミナス01、02、ガンダムLOブースター、ガンダムアスクレプオス、ガンダムグリープ、ハイドラガンダム、ガンダムバーンレプオスとガンダムだらけです。
アスクレプオスはズゴック、ハイドラはジオング、バーンレプオスはハイゴッグと宇宙世紀ガンダムの意匠が取り入れられててニヤリとさせられます。
やっぱ、ときた先生の描くメカはシャープでカッコイイよね。
登場人物はそんなに多くないけど、トレーズやカーンズとか本編の動きが所々リンクしてて、ウィングの世界観がちりばめられてて分かりやすい。
てか、コイツはプラモ連動の準オフィシャル作品なんで、歴史観をつなげるためにも、ウィングファンは必読かも。

ただね。レディ・アン上級特佐、TV本編と比べ胸が小さいかも(笑)
キャラ・スーンみたいなソリス・アルモニアは良い感じ。
ロッシェはザビーネか?

でもね、新刊のレジェンドコミックスには、巻末に設定資料が掲載されてるようです。
・・・早まったか?
(参考:ときた洸一先生ブログの記事【ガンダム伝説コミックス完結☆】)

今月も電撃ホビーマガジンホビージャパンを購入。
ていうか、モデルグラフィックス売り切れでしたよorz

電撃は、DESTINY ASTRAYが最終回。
レッドフレーム改改(くらいかな?)マーズ・ジャケット登場。・・・これさ、ゲルググだよね(笑)
そして、まさかまさかのデスティニー・インパルスがDHMに登場。
SEED系は、STARGAZERの記事もあり。デュエル改バスター改ての、気になりますねぇ。
1stSEEDでは、この2機は壊れてないし、パイロット等不明らしいので、ちょっと期待しちゃったり(笑)

まだまだ続くシードヒロインズ、今回はラクス&ミーアスペシャルと銘打たれて、ラクス、ミーアのみのスペシャルです。
ですが、新規造形(パーツ替え含む)は3体のみ
・・・本放送といいグッズ関連といい、本当に使い回し総集編が好きなシリーズですね、デス種は(毒)

さてさて、今回入手したBOXの配列です。
箱奥から順に、
【ラクス私服A】【艦長服(忍者服)ラクス】
【ラクス私服B】【ラクス私服C】
【ミーアA】【ネグリジェミーア(パーツ替え)】
【ラクスノーマルスーツ】【ミーア(ザク手ライブバージョン)】
です。
シャッフルされてなければ、手前4個を買えば良いかと。
特に、ザク手ミーアは今回一番の出来
一番重いので、これさえあればいいかもしれません。

んでは、新規造形品3種を見ていきましょうか。

つい先ほど、王japanが、世界の頂点に立ちました。
2006年3月21日、日本時間15時。
下馬評では圧倒的に強かったキューバを破っての、WBC初代王者君臨でした。
米国でもなく、ドミニカでもなく、我らが祖国日本が、10-6の圧勝でしたよ。
おめでとうjapan!!

最近多忙で、平日の更新が殆ど出来なくてスミマセン。
記事の内容も、『~購入』みたいなのが多くて、何だか面白味に欠けるんじゃないかと思ってしまってます。
それでも、毎日100名様超の方々が見に来てくださって、ホントにありがたく、でも申し訳なく思ってます。
ガンダムオンリーブログなので、他の記事が(殆ど)書けない、つー縛りがあるんですが、オレの日記なんか書いても仕方ないもんね。
それに、ガンダム関連=オレのライフワーク(ワーク?)なようなモンですから。
(それでも、最近「もう少し辛口コメントにしようか」と考え中です)

少しでも新鮮さを感じていただければと思って、久々にテンプレートを変更してみました。
今までの2カラムではなくて、ホントに久々の3カラムです。
イメージカラーは従来通り
これは、仕事中でも見やすい配慮です(?)

それと、先日、ブログペットを1匹(でいいんでしょうか?)追加しました。

きょう、邁進したかも。
しかしまだんとここまで胴体に噂しなかったよ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らう・る・くるーぜ」が書きました。

本日徘徊中に、街のそこかしこで配布されてました、日本橋ストリートフェスタのパンフ(?)。
3/21(祝)開催だそうです。
今回が第二回のようなのですが、その存在を全く知りませんでした。
どんな内容かと言うと、ぶっちゃけヲタ祭りですか。え?違いますか。
二足歩行のロボット関係とか、コスプレとかCGとか、その他諸々です。
結構楽しそう。
ですが、パンフの表紙右下(たぶん前回の通りの模様と思われ)見ると、めっちゃ人・人・人じゃないですか。
右下ガードマン右の人が口を尖らせてるのが非常に気になります(笑)
↓この方です。
20060319-5.jpg


んで、パンフの中をつらつら眺めてて気付いたんですが。

我らが聖地ガンダムズ特売1000円だったので、思わず衝動買いしました。
いや、親友が東京から遊びに来てまして、霙降る中徘徊したんすよ、日本橋を。
で、彼が購入したの見て、オレも欲しくなりました(笑)
いやいや、コレ良く動くわ。
同じく1000円でザクウォーリアも売ってて、非常に悩んだんですが、今更ザクウォーリアな気もしたんで泣く泣くパス。
デスティニーが安かったら買おうと思ってたんですが、高かったんでパス。

完成品は手軽なのが一番の魅力だよね。

それにしてもさ。
どうしてこうも値崩れするかな(怒)
ホント、少し待てば20%~30%引き位で買えちゃうんだよね、大概。
値引き販売は都会ほど機会が多いのかもしれないけど、それにしても最近ホントに実感するよ。
それだったら、最初からこの値段で売ったら良いんじゃないかとも思うんだけど、どうなんすかねぇ、実際。
きのうらう・る・くるーぜが、注意したかも。
しかしエルメスで、モノも専用するつもりだった。

泣いても笑っても、一年間にわたる『新訳』機動戦士ゼータガンダム【劇場版】、遂に大団円です。
上映前のC Mで『リーンの翼』が流れ、気分は思いっきりヒートアップします。
んではなく、しっかり見られる座席での鑑賞でした。
限定版プラモ(H G U Cゼータガンダムのクリアーバージョン)は即完売だったらしいです。
夜10時過ぎの回でしたが、在庫ゼロでした。
グッズ関連は、美味しそうなトコロは軒並み完売。
らう・る・くるーぜ的にはキュベレイのバインダーを模ったキーホルダーに目を付けてたんですが、公開後1週間という短期間(?)での鑑賞だったため(か?)、人数は若干多め。
かといって変な席とかでは、ボチボチいきましょうか。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らう・る・くるーぜ」が書きました。

発売されてたの、ずっと忘れてました(汗)
で、本日思い出して購入。
まだインストールしてませんが、非常に期待できる内容です。
シャア版:見せてもらおうか。貴様の携帯の性能とやらを。
アムロ版:や、やってやるぞ。携帯電話のデータがなんだ。
FOMA版は、ご覧の通りシャアのパッケージ。
ちなみにOTHERキャリア版はアムロパッケージ、フルキャリア版は、インナー(右側)のシャア+アムロパッケージです。

ですが、ここにもまた思わぬ落とし穴が。


投げ売りされてたので、RX-78-2、RX-178以降久しぶりにHCM-Proを購入してしまいました。
しかし、噂通りフィニッシュひどいね。
フェイスの塗りはまともそうなヤツを店頭在庫10箱くらいの中から選んだんですが、開けてびっくり。
胴体の色分け部分、塗りがヒドっ!
まあ、このシリーズはガシガシ遊んでナンボだと思いますんで、細かい部分は気にしないようにします。
えぇ、そうしますとも(投げやり)

こうなると、デスティニー、インフィニットジャスティス、レジェンドあたりは欲しいところですね。
何にせよ、手軽に完成品が手に入る。
良い時代になったもんです。

ていうかさぁ、なんでストライクフリーダムはこんなに値崩れしてんの?
ガンダムエースのファン投票では連月1位邁進中じゃん?

近所のキッズランドで投げ売りされてたので買ってきました。
なんと、1枚100円です。
図柄は左から、百式vsキュベレイキュベレイシャア専用ゲルググ+エルメスジオングです。
ジオングのもの、ロゴがファーストTV版じゃん。売れてないんだな(笑)

この手のモノって、買おうと思っても高いじゃん。
で、いつも眺めてるだけだったんですが、あまりにも安くて、ついつい購入。
しかし、落とし穴が・・・。

オレのケータイ、FOMAのP900i(白)なんですが、中は黒なんすよ。
注意書きを見ると・・・。
本商品はスケルトン(透明タイプ)のシートのため、貼りつける電話機の色が濃い(黒・ガンメタリック・グレー等)はデザイン柄がハッキリ出ませんのであらかじめご了承下さい。

え?・・・えぇっ!?
外側は着せ替えジャケットのため貼り付け不可。
中は・・・
そんなぁ(涙)

C.D.A(7)

2006/03/12


エコールから遅れること2日、本日無事に届きました、若き彗星の肖像(7)【フィギュア付き初回限定版】
昨日銀幕の中で暗躍(ではなくて大っぴらにか(笑))されていたハマーン様とはとても同一人物とは思えないハマーン様のフィギュアが付録。
おまけで、SDナタリー付き。
あ、ハマーン様のパンツは黒です(←この辺にひねくれていく原因がありそう(笑))
造形もまあまあ。少なくとも、シードヒロインズ7よりも全然マシ

コイツもご多分に漏れず開封するのをためらってます。
ま、遠からず開けちゃうとは思うんですが、(おそらく)通常版買うだろうなあ。
前回のシャアフィギュア付きは、今でもガンダムズに売ってますが、コイツは完売必定でしょうね。
欲しい方は急げ!

泣いても笑っても、一年間にわたる『新訳』機動戦士ゼータガンダム【劇場版】、遂に大団円です。
夜10時過ぎの回でしたが、公開後1週間という短期間(?)での鑑賞だったため(か?)、人数は若干多め。
かといって変な席とかではなく、しっかり見られる座席での鑑賞でした。
グッズ関連は、美味しそうなトコロは軒並み完売。
オレ的にはキュベレイのバインダーを模ったキーホルダーに目を付けてたんですが、在庫ゼロでした。
限定版プラモ(HGUCゼータガンダムクリアーバージョン)は即完売だったらしいです。

上映前のCMで『リーンの翼』が流れ、気分は思いっきりヒートアップします。
アレ、マジで面白そうですよねぇ。見たいなぁ。DVD買っちゃいそうでヤバイな(笑)

内容はネタバレぽくなるため、感想などは追記に記します。
んでは、ボチボチいきましょうか。
アニメ誌でも取り上げられてますが、コズミック・イラに新シリーズ登場です。
新シリーズといっても、WEB配信、イベント限定上映での15分映像×3回の、都合45分足らずだそうで。

公式ウェブはまだオープンしてませんが、一応URL。

http://www.seed-stargazer.net/

まだ主役機(?)ストライクノワール(?)のシルエットしか見えませんが、今後拡充されていくものと思われます。
簡単な内容をニュータイプ今月号から抜粋。
(このために購入しましたよ(笑))

スターゲイザー計画に参画しているコーディネイターの女性、セレーネ・マクグリフ
そして同時に『スターゲイザー』とは純白のMSを指す呼称でもある。
コーディネイターを憎むナチュラルでファントムペイン中尉である青年スヴェン・カル・バヤン
冷酷な戦闘マシーンである彼が駆るMSは、GAT-X105Eストライクノワール
X105ストライクをベースに、アクタイオン社にて機体性能向上措置を施されたMS。

ん?深遠の宇宙?・・・まさか、遂にevidence01の謎が明らかに?

と、まあこんな感じでしょうか。
詳細は、公式WEBがオープンする4/10頃になるかと思います。
たった45分間の物語だけど、されど45分間。
(実際には、OP/EDあるでしょうから、正味40分くらいですかね)
深遠の宇宙を望め、スターゲイザー!
てなもんでしょうか。

全く未知の内容ですんで、なんか情報ありましたら、情報交換しましょう。

本日届きました、エコール(8)限定版
エウーゴ制服姿のアスナのフィギュア付きで、税込み1785円。
前回の限定版と比べ、少し大人になった凛々しいアスナ、なかなかの出来映えです。
20060310-3.jpg


今回は未開封なんで、コミックの内容は確認できてません。

遂に最終刊、劇場版ZⅢ『星の鼓動は愛』特集号です。
この号でZの歴史が完結

オレは映画を見ていないので、中身を見たらネタバレになっちゃうなぁ、と思いながらペラペラとめくってみました。

・・・見なきゃヨカッタorz

映画未見の方、見ない方が良いですよ、コレ。
あ、富野監督の談話は読んでおいた方がいいかもです。

この一年、何だかんだとゼータ色が強かったように思いますね。
そしてオレ達は、刻の涙を見る・・・。

少し遅くなりましたが、最近発売されたシードヒロインズ7を入手しましたんで、そのレビューっす。

まずね、一番思ったこと。
原型師、大きく変えてきたね?特にラクス。
で、今回パッケージ表面に大きくクローズアップされてるマリューさんとグラディス艦長の大きさ(特に頭)の対比がしっくりきてないよ?
マリューさんは東洋系、タリアは西欧系なんでしょうが。
付属ベースの艦長椅子はなかなかのアイデアです。
つか、安っぽい喫茶店みたいなイメージもあるけどね(笑)
それと、だんだん塗装が酷くなってる
はみ出しとかデフォルトじゃないかと思えてきた。

そろそろネタ切れの感もなきにしもあらずだけど、いつまで続くんでしょうか、このシリーズは。

今回入手したBOXの配置は↓。マリューさんが完全にダブリです。
【ラクス】【マリュー】
【マリュー】【ラクス】
【カガリ】【タリア】
【ルナA】【ルナB】
ラクスがだぶってますが、手がコンパチなのでルナと同じように(A)(B)と判断して、7体で1セットと考えた方がいいかも。

んでは、気を取り直して、それぞれを見ていきましょうか。
きのうはエントリ掲載しなかったよ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「らう・る・くるーぜ」が書きました。

星を継ぐ者コミック版と同時発売の、ゼータ2恋人たちオフィシャルコミカライズ。
作画は白石琴似先生。
劇場版新作カット部分のキャラデザインに似てる・・・かな。

やはり2作目も、映像だけでは理解不能(なハズ)だし、あの内容をよくぞここまで、という感じがします。
フォウの最期、完全に射殺された描写にはなってません。
それが救いかな。
ハマーン様初登場時、ジオンのノーマルスーツだったんだねぇ。
1作目同様、DVDを見るよりも遙かに手軽なので、持っておいて損はないかと思います。
ご来場者様数

書き手

魔弾@月王丸

  • Author:魔弾@月王丸
  • ガンダム占い:グフ飛行試験型
    ガンダムSEED占い:バスター
    Zガンダム占い:ガーベラ・テトラ
カレンダー
02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
『模型サークル』バナーっす

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。